LIFE STYLE CREATION FOR MEN'S

カテゴリ:60年代ロック( 51 )

メンズヘアカタログ

f0210407_8204446.jpg


SAIKAでパーマをかけることは至福でもありえる
[PR]
by saika123 | 2014-06-01 08:20 | 60年代ロック

60年代ロックとファッション

f0210407_19212324.jpg


ブライアンジョーンズのヘアはSAIKAでも定番になっている人気のスタイルです。マッシュルームヘアと言えどもブライアンが身にまとうヘアはモッズ時代の他のアーティストとはイメージに違いがあります。その人のお顔だちに似合うマッシュルームこそがブライアンのヘアとも言えます

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘

f0210407_19235584.jpg
f0210407_19234672.jpg
f0210407_19234140.jpg
f0210407_19233550.jpg

[PR]
by SAIKA123 | 2014-02-27 19:24 | 60年代ロック

60年代ロックとファッション

f0210407_1859462.jpg


ロックヘアとファッションの関係性

マッシュルームレイヤーのミックジャガーのヘア!60年代〜現在までそのほとんどがベースとなカットがあまり変わらないのがミックでありキースです。時代により長さの長短はあるものの前髪を長くしてみたりは幾どしていないのがミックの流儀なのかもしれません

 SAIKAディレクター 齋藤嘉弘

f0210407_19595.jpg
f0210407_1945776.jpg
f0210407_192393.jpg
f0210407_1921960.jpg

[PR]
by SAIKA123 | 2014-02-27 19:05 | 60年代ロック

60年代ロックとファッション

f0210407_18533638.jpg


ロックヘアとファッションの関係性

ストーンズを脱退したベーシスト、ビルワイマンの長めのマッシュルームヘアは長めであるからこそそのヘアにもインパクトがあると思う。身長の高い人や大柄な方にも似合うと思うんですよね

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘

f0210407_18563266.jpg
f0210407_1856920.jpg
f0210407_1856374.jpg
f0210407_18555560.jpg

[PR]
by SAIKA123 | 2014-02-27 18:56 | 60年代ロック

60年代ロックとファッション

f0210407_18452329.jpg


ロックヘアとファッションの関係性

ローリングストーンズ、ドラマーであるチャーリーワッツの60年代のヘア!シンプルにサイドパートなヘアがチャーリーのセンスが伺えますね。チャーリーのファンは日本にも本当に多いんです

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘

f0210407_18481946.jpg
f0210407_18484593.jpg
f0210407_1849217.jpg
f0210407_18492250.jpg

f0210407_18493963.jpg

[PR]
by SAIKA123 | 2014-02-27 18:50 | 60年代ロック

ロックとファッションとアートな日々

f0210407_1712342.jpg


ストーンズの出現は、最初のアーバンブルースの世界的な人気の高まりの象徴の一つであった。バンド名はシカゴブルースの巨匠、マディ・ウォーターズの"Rollin' Stone"にちなんで、当時リーダーであったジョーンズが命名した[4]。ストーンズの活動継続と関連に関して評論家のロバート・パーマーは、彼らは「より短命なポップ・ファッションが現れたり消えたりしている」間、「リズム・アンド・ブルースとソウル・ミュージックの中で伝統的な真実に根ざしている」ことによると語っている。
f0210407_1713489.jpg
初期のレパートリーではリズム・アンド・ブルースとブルースのカヴァーが多くを占めていたが、その中にはいつもロックンロールが含まれていた。
f0210407_17175476.jpg
f0210407_17173667.jpg
f0210407_17172459.jpg
f0210407_17171283.jpg
f0210407_17165391.jpg
f0210407_17164625.jpg
f0210407_17163828.jpg
f0210407_17162222.gif
f0210407_17161311.jpg
f0210407_17155774.jpg
f0210407_17153428.jpg
f0210407_17151960.jpg
f0210407_1715937.jpg
f0210407_1715158.jpg
f0210407_17144780.jpg
f0210407_17143477.jpg
f0210407_17142421.jpg
f0210407_17141377.jpg
f0210407_17135721.jpg
f0210407_17135145.jpg
f0210407_17134140.jpg
f0210407_17131983.jpg

代表曲として「サティスファクション」「ひとりぼっちの世界」「黒くぬれ」「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」「ルビー・チューズデイ」「悪魔を憐れむ歌」「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」「ホンキー・トンク・ウィメン」「ブラウン・シュガー」「ダイスを転がせ」「悲しみのアンジー」「ミス・ユー」「スタート・ミー・アップ」など、多数のヒット曲がある。
[PR]
by saika123 | 2012-10-31 17:18 | 60年代ロック

キースリチャード&アニタパレンバーグ

f0210407_15502166.jpg



アニタはキースと正式な結婚は結ばなかったが、長らく夫婦同然に生活をともにし、二人の間には長男マーロン(1969年生まれ)と次女ダンデライオン(1972年生まれ。後にアンジェラと改名)、次男タラ(1976年生まれ。生後二ヶ月余りで死亡)をもうけている。
1970年代にはキースと共に重度の麻薬中毒に陥り、療養・中毒を繰り返し、心身ともに崩壊してゆき、1979年、キースの自宅でアニタが連れ込んだ17歳の少年が、アニタの目の前で拳銃自殺をした事件を境に、キースと破局を迎えた。
1980年代には麻薬中毒から立ち直り、ファッションデザイナーとしての活動も行っており、1990年代にはアナスイ、ヴィヴィアン・ウエストウッドなどのショーに特別出演し話題になった。
現在はアメリカの市民権を取得している。

f0210407_15534445.jpg
f0210407_15533948.jpg
f0210407_15533470.jpg
f0210407_15532847.jpg
f0210407_15532032.jpg
f0210407_15531421.jpg
f0210407_15525327.jpg
f0210407_15524843.jpg
f0210407_15523640.jpg
f0210407_15523193.jpg
f0210407_15522570.jpg
f0210407_15522018.jpg
f0210407_15521546.jpg
f0210407_15511017.jpg
f0210407_15505878.jpg
f0210407_15505347.jpg
f0210407_15504830.jpg

[PR]
by Saika123 | 2012-09-27 15:53 | 60年代ロック

60年代ロックとファッション

f0210407_1555458.jpg


ジムモリソン (ザドアーズ)
[PR]
by saika123 | 2012-08-08 15:56 | 60年代ロック

60年代ロックファッション

f0210407_15544919.jpg


ルーリード
[PR]
by saika123 | 2012-08-08 15:55 | 60年代ロック

60年代ロックとファッション

f0210407_14444013.jpg


ジョージハリソン&パティ
[PR]
by saika123 | 2012-08-08 14:45 | 60年代ロック