LIFE STYLE CREATION FOR MEN'S

<   2011年 10月 ( 146 )   > この月の画像一覧

60年代ロック

f0210407_21305913.jpg


モッズファッション

ザビートルズはもともと、皮ジャンにリーゼントといういでたちでロカビリー風のファッションに身を包んでいた。しかし、当時のマネージャーがザビートルズのデビューをきっかけにモッズファッションでコーディネートすることをすすめたと言う経緯がある
[PR]
by saika123 | 2011-10-31 21:33

60年代ロック

f0210407_21273097.jpg


モッズファッション

ポップスの女王だったLULUとルーヴァーズの60年代当時の画像!モッズガールとモッズの雰囲気が漂っている
[PR]
by saika123 | 2011-10-31 21:29 | 60年代ロック

60年代ロック

f0210407_21223550.jpg


モッズファッション

スモールフェイセズが60年代のUKにおいてモッズに快く向かえ入れられたのは、彼らの音楽だけではなく、やはりモッズファッションの着こなしの上手いところにもあったのだと思える。
[PR]
by saika123 | 2011-10-31 21:24 | モッズファッション

60年代ロック

f0210407_21142881.jpg


GO MAN ソニークラーク

もともとモッズとは50年代のロンドンにおいて、モダンジャズを聴き漁っていたジャズファンのことをさしてモッズと言われていたという説がある。モダンジャズが約されてモッズと言われたそうな?

f0210407_21173785.jpg


モッズファッションのスーツ系は所謂、モダンジャズのミュージシャンたちが好んできていたスーツから来ているところは大きい。
[PR]
by saika123 | 2011-10-31 21:20 | モッズファッション

60年代ロック

f0210407_7433293.jpg


THE WHO SELL OUT  THE WHO (67)

ブリティッシュロックの60年代は、なんといってもザビートルズ、ザローリングストーンズが世界的に知られていた。しかしザフーにおいては、名前は知ってはいてもアルバムを買ってまで聴くというファンはアメリカでも日本でも少なかった。今でこそザフー信者は増えたと言うものの60年代当時は本国イギリスでの人気にとどまっていた。1960年代、エリッククラプトンはクリームを結成し確固たるロックバンドの意識をもってライブ活動、アルバム製作にとりくんでいた。この時代、ビートルズはもはや世界的なりすぎてライブ活動さえできない状況に陥った!それはファンが多すぎたためだったし異常なほどの人気だったからでもある。ストーンズといえば、ブライアンジョーンズはドラッグに陥りまともに演奏できないほどになっていた。ザフーはこの時代、ビートルズともストーンズとも違った方向性を歩んだ!それはすべてピートタウンゼントの構想によるものだった。UKで実験的なロックサウンドを取り入れていったのはきっとフーが最初ではないだろうか?クセのあるサウンドつくりではあるが、このサウンドを理解できるのは、まだまだ遠い未来だったのだ

f0210407_7592197.jpg

[PR]
by saika123 | 2011-10-31 07:58 | モッズファッション

60年代ロック

f0210407_7362429.jpg


QUADROPHENIA

細身のスーツにランブレッタ!モッズはイタリアもののスクーターを愛した

f0210407_7394777.jpg


THE WHO

フーはブリティッシュロックの中でも異端だった。ピートタウンゼントの構想こそがモッズという音楽を生みモッズというファッションを生んだ。Ukの60年代、それはひとつの文化だった。
[PR]
by saika123 | 2011-10-31 07:42 | モッズファッション

60年代ロック

f0210407_21495670.jpg


QUADROPHENIA 

モッズとランブレッタ!あのUKの60年代にはモッズファッションにはあるルールがあった


f0210407_21531194.jpg

[PR]
by saika123 | 2011-10-30 21:53 | モッズファッション

60年代ロック

f0210407_2128263.jpg
  

四重人格 THE WHO (1973)

ピートタウンゼントが60年代のモッズを背景に作り上げた想像を超えた超大作がこの四重人格だった。僕は当時中学生だった。1973年という年はクィーンも一般のリスナーにも徐々に知られるようになっていたしレッドツェッペリンやピンクフロイドは世界的なバンドに成長しザビールズ後のロックのあり方が頂点に達していた時代だった。はっきり言って、この日本で当時1973年頃にザフーの信者はどれだけいただろうか?当時の日本での音楽評論家がフーに対して感心を示した人はいただろうか?モッズがこの日本でメジャーになるのは、この時代ではけしてなかった。もっと、もっと後の話だ!現代ではモッズフリークはこの日本にも多く存在する。しかし60年代や70年代はけしてそうではなかった。音楽評論家は当時70年代にはザフーのことをこぞってミュージックライフなどで酷評した。僕はそのことをはっきり記憶しているし、もしも70年代のロックの黄金期にフーが初来日していたら、武道館ではなかったはずだ!ザフーの凄さを了解した当時のロックフリークは僕が察するにはあの伝説のライブが開催されたワイ島でのフー、ウッドストックでのフーのパフォーマンスを目にした人だけだったのではないのだろうか?この四重人格というアルバムはモッズ愛好家にはかかせないアルバムであるしまた、ロックの黄金期時代の最高傑作ともいえる!このアルバムこそがピートが全世界に示したモッズの原型だと僕はそう思っている!僕は中学時代、ザフーがカッコいいと言うと、当時のロック好きの連中にはバカにされたものだった!!


f0210407_21465921.jpg


THE WHO (60年代)
[PR]
by saika123 | 2011-10-30 21:47 | モッズファッション

60年代ロック

f0210407_21152296.jpg


WHOS'NEXT THE WHO (1971)

ザフーの中でも郡をぬいて最高傑作アルバムがこのアルバムではないでしょうか?1曲目のシンセサイザーのサウンドがずっと残ってしまうここちよさと、ピートタウンゼントならではのアコースティックな音が曲の随所にみられところが僕はザフーならではと考えているし、モッズ好きや60年代ロック好きには初期のザフーが一番カッコいいと言われいるが、僕はピートが作り出していった70年代のザフーのサウンドこそがフーの持ち味ではなかろうかと思う事がしばしある。このアルバムでのキースムーンのドラムワークは相変わらずキースらしいしキースにしか叩き出せないドラムサウンドでもある!このアルバムは70年代ロック黄金期の最高峰であるのは間違いはない


f0210407_21253460.jpg


THE WHO (60年代)
[PR]
by saika123 | 2011-10-30 21:26 | モッズファッション

60年代ロック

f0210407_16395280.jpg
QUADROPHENIA

モッズファッションの極みと言うべきか!!

f0210407_16414693.jpg


THE ANIMALS

60年代UKロックはモッズファッションのバンドが多かったがジアニマルズはモッズと呼んでもいいのすか?
[PR]
by saika123 | 2011-10-30 16:43 | モッズファッション