LIFE STYLE CREATION FOR MEN'S

<   2012年 07月 ( 78 )   > この月の画像一覧

ラブ&ピースは終わらないんだ

f0210407_14103456.jpg


ラブ&ピースは終わらない

f0210407_14155653.jpg
f0210407_14144291.jpg
f0210407_14141357.jpg
f0210407_14135895.jpg
f0210407_14134592.jpg
f0210407_14133151.jpg
f0210407_1413553.jpg
f0210407_14124384.jpg
f0210407_14122342.jpg
f0210407_1412925.jpg
f0210407_14115737.jpg
f0210407_14114269.gif
f0210407_1411272.jpg

[PR]
by saika123 | 2012-07-24 14:17 | 60年代ファッション

貴方にとってザビートルズってなんだったのでしょうか

f0210407_12252438.gif


f0210407_12305247.png
f0210407_12293825.jpg
f0210407_12293120.png
f0210407_12292571.png
f0210407_1229884.jpg
f0210407_12285960.jpg
f0210407_12284936.jpg
f0210407_12284267.jpg
f0210407_1228355.jpg
f0210407_12275545.png
f0210407_12273481.gif

[PR]
by saika123 | 2012-07-22 12:31 | 60年代ロック

夏に聴く、男の音楽(サウンド)

f0210407_15335632.jpg


アメリカーナ  ニールヤング&クレイジーホース

1. オー・スザンナ
2. 愛しのクレメンタイン
3. トム・ドゥーリー
4. ギャロウズ・ポウル
5. ゲット・ア・ジョブ
6. トラヴェル・オン
7. ハイ・フライン・バード
8. ジーザス・チャリオット
9. ディス・ランド・イズ・ユア・ランド
10. ウェイファリン・ストレンジャー
11. ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン

■本作『アメリカーナ』は、ニール・ヤング&クレイジー・ホースにとって9年ぶりのアルバムとなる。クレイジー・ホースのメンバーは、ビリー・タルボット、ラルフ・モリーナ、ポンチョ・サンペドロ。
■本作は、アメリカのフォークソングの名曲を集めた作品。アルバムには、“プロテスト・ソング"や“マーダー・バラッド"、そして国境・世代を超えて誰もが共感できるような物語と共に歌い継がれているものも含まれている。
■「Tom Dola」や「Oh Susannah」といった楽曲は1800年代に作られたものであり、「This Land Is Your Land」そして「Get A Job」は20世紀半ばの名フォークソングである。また、アメリカが現在のアメリカの国歌になる前、国歌的な存在であった英国国歌「God Save The Queen」も収録。収録曲の一つ一つが、アメリカの歴史と伝統を織りなしている。
■これらの楽曲に共通しているのは、楽曲の中に潜む感情や物語が200年近く経った今でも、より大きなインパクトをもって聞く者の共感を呼び覚ましていることだ。歌詞の内容も現代にも通じる関心や事柄を綴っており、経済的、文化的な激変に見舞われている今日の社会、特に大統領選が控えている今年においては、驚くべきほど深い意味を与えている。これらの楽曲は作られた当時そのままに、いまだにパワフルで心に強く訴えかけてくるのである。
『アメリカーナ』のプロデュースを手掛けたのは、ニール・ヤングとJohn Hanlon、そしてMark Humphreys。アルバムのエンジニアは、John Hanlon、John Hausmann、そしてJeff Pinnが務めている。
[PR]
by Saika123 | 2012-07-15 15:35 | 70年代ロック

夏に聴く、男の音楽(サウンド)

f0210407_15212884.jpg


スロートレインカミング  ボブディラン

1. ガッタ・サーヴ・サムバディ
2. プレシャス・エンジェル
3. アイ・ビリーヴ・イン・ユー
4. スロー・トレイン
5. ゴナ・チェンジ・マイ・ウェイ・オブ・シンキング
6. ドゥ・ライト・トゥ・ミー・ベイビー
7. ホェン・ユー・ゴナ・ウェイク・アップ
8. マン・ゲイヴ・ネームズ・トゥ・オール・ジ・アニマルズ
9. ホェン・ヒー・リターン

スロー・トレイン・カミング』(Slow Train Coming)は、1979年にリリースされたボブ・ディランのスタジオ・アルバム。ユダヤ教の教えで育ってきたディランが、1978年末にボーン・アゲイン・クリスチャンとなったことを反映して、ゴスペルの色が強い作品となった。
ビルボード200チャートで最高3位、全英アルバム・チャートで2位を記録した。RIAAによりプラチナ・ディスクに認定されている


1978年11月17日、サンディエゴでコンサートを行っていたディランは、客席から投げ入れられた銀の十字架をポケットに入れた。数日後、その十字架に触れた時、ディランは神の啓示を受けたという[3]。1979年に入ると、3か月に渡り、本格的に聖書を学んだ。ディランはキリスト教の中でも特に根本主義に影響を受けたとも言われていたが、1990年代にはディラン自身がそれを否定。
1979年5月、キリスト教を反映した新曲をレコーディング。プロデューサーは、アレサ・フランクリン等を手がけたジェリー・ウェクスラーと、マッスル・ショールズ・サウンド・スタジオのキーボーディストであるバリー・ベケットの2人。ダイアー・ストレイツのマーク・ノップラーとピック・ウィザースもセッションに参加した。ディランは本作の音作りに関して「プロのアルバム」と語っている[4]。
[PR]
by Saika123 | 2012-07-15 15:22 | 70年代ロック

夏に聴く、男の音楽(サウンド)

f0210407_9592667.jpg


Salt Sun & Time  ブルースコバーン

1. All The Diamonds In The World
2. Salt, Sun And Time
3. Don't Have To Tell You Why
4. Stained Glass
5. Rouler Sa Bosse
6. Never So Free
7. Seeds On The Wind


高校生の頃はアメリカンロックだと思って聴いていたブルースコバーン、カナダだとわかってからはなんとなく自分の中で価値が落ちましたが、ニールヤングやザバンドのメンバーのほとんどがカナダ出身ということをあとから知って、ま、カナダってことでもいいか!!と思えた10代の頃でしたね。


このCDは長い間廃盤でしたねブルース コバーンではhigh window,whitwe skyのほうが傑作とされているようですが、あちらは冬、こちらは夏です。ギター2本とヴォーカルだけのミニマリズムではありますが、全ての曲が大傑作という奇跡のアルバムです。
[PR]
by Saika123 | 2012-07-15 09:59 | 70年代ロック

アランドロンから学ぶ、やばいくらいの美学!

f0210407_8341633.jpg


どんな男性にも色気は必ずある。色気は顔がいいとか悪いとか、体系の欠点で痩せているとか太っているとか、背が高いとか低いとか、そういうことではなくて、そのひとにしか持っていない引き出しと言うものが実はあって、そういうことをさりげなく魅力としてだせるか?というのが男にとっての色気にも繋がってくる。アランドロンの色気は見た目にはかっこいいから当然だと考えがちだが、その出演する映画で独特の色気を魅せてくれている

f0210407_842249.jpg
f0210407_8415558.jpg
f0210407_841488.jpg
f0210407_8414042.jpg
f0210407_8412670.jpg
f0210407_8411712.jpg
f0210407_8411020.jpg
f0210407_841354.jpg
f0210407_8405599.jpg
f0210407_8404297.jpg
f0210407_8403617.jpg
f0210407_8402383.jpg
f0210407_8401891.jpg
f0210407_840783.jpg
f0210407_840074.jpg
f0210407_8395460.jpg
f0210407_8394629.jpg
f0210407_8393948.jpg
f0210407_8393480.jpg
f0210407_83929100.gif
f0210407_8392055.jpg
f0210407_839973.jpg
f0210407_839270.jpg
f0210407_8385590.gif
f0210407_8384932.jpg
f0210407_8384163.jpg

[PR]
by Saika123 | 2012-07-15 08:42 | 60年代ファッション

ヌーヴェルヴァーグから男のファッションを検証する

f0210407_8223779.jpg


セルジュゲーンズブールをはじめとしたフランス男のファッションや髪型から、そのライフスタイルまで自分にとりいれられるなにかをとりいれて男の美学を感じてみる・・・

f0210407_8262644.png
f0210407_8261368.jpg
f0210407_82632.jpg
f0210407_8255430.jpg
f0210407_8254938.jpg
f0210407_8254548.jpg
f0210407_8253971.jpg
f0210407_825329.jpg
f0210407_825243.jpg
f0210407_8251761.jpg
f0210407_8251269.jpg
f0210407_825680.jpg

[PR]
by Saika123 | 2012-07-15 08:26 | 60年代ファッション

ベリーショート解説

ベリーショート

ベリーショートで最も大切なのは、その人のお顔立ち、頭の面積の大小、頭の形、そして髪質や髪の生え方です。そういうことを考慮してヘアカットしないと、アフタースタイリングにおいてはやりにくいヘアスタイルにもなってきます。基本的にはスタイリング剤を使用しないということを前提においてカットしないと、スタイリング剤にたよらなければスタイルがキマラナイということにも繋がってきますので、注意して髪の生え方や髪質を見極めないといけないと思いますね。また、常に長めのヘアスタイルにしている方はどうしてもベリーショートにすると、いつも後悔してしまう方も少なくないのです。ようするに似合わないということになってしまい、ベリーショートにしたくてどうしても躊躇してしまうことも多いのです。しかし、それも、そのひとに似合ったデザインをチョイスし欠点をカバーするカットをすれば全く問題はないのです。トップをたたせるとか、前髪をあげるとかバングに下げるとか、そういうこともその人のお顔だちが左右することでもあるのです。


解説 齋藤嘉弘



f0210407_832571.jpgf0210407_832027.jpgf0210407_831271.jpgf0210407_83657.jpgf0210407_825917.jpgf0210407_825280.jpgf0210407_824590.jpgf0210407_823989.jpgf0210407_823421.jpg
[PR]
by Saika123 | 2012-07-15 08:14 | メンズヘアカタログ

メンズヘア解説

f0210407_7534577.jpg



Men's Hair Styles


メンズカットにおいて最も重要だと考える事は、その人にとってどんな髪型が現在(いま)旬なものなのか?どんな髪型をすれば毎日が快適に過ごせるか?だと考えています。それは、人それぞれのファッションの傾向性もあるし、生活スタイルも様々ですので一概に流行の髪型でOKというわけにはいかないと思うのです。例えば、少し長めのヘアスタイルにしておきたいと思う人もいれば、ベリーショートのボウズに近い髪型にしたいと思う人もいると思うんです。そこで大切なことが、デザインです。長めの髪型と言ってもパーマでふわふわにしたいとか、アシンメトリーやツーブロックでデザイン性のある髪型にしたいとか、様々です。ベリーショートもまた同じ事が言えて、どこを残すかによってデザインが変わります。その人の持ち味を髪型に生かすことがデザインだと考えています。


解説 齋藤嘉弘
[PR]
by Saika123 | 2012-07-15 08:01 | メンズヘアカタログ

トラディショナル

f0210407_15595917.jpg


60年代トラディショナル

f0210407_1622414.jpg
f0210407_1621831.jpg
f0210407_1621141.jpg
f0210407_162061.jpg
f0210407_1615327.jpg
f0210407_161471.jpg
f0210407_1614049.jpg
f0210407_1613556.jpg
f0210407_1612974.jpg
f0210407_16124100.jpg
f0210407_1611634.jpg
f0210407_1611184.jpg
f0210407_161596.jpg
f0210407_161033.jpg
f0210407_1605426.jpg
f0210407_1604763.jpg
f0210407_1603232.jpg
f0210407_1602549.jpg

[PR]
by Saika123 | 2012-07-14 16:02 | 60年代ファッション